HOME

更新履歴(新着情報)

士業は不況に強い

士業とは、いわゆる「○○士」と名のつく、
一般には難しい国家資格を取得しなければ
職務の履行ができないような独占的な資格のことを指します。
これは、特に資格が要らない業務と比較した場合、
転職の際や求人応募の際に有利に働くと考えられます。
特にこの不況の時代はその効果が大きいため、
なぜ有利に働くのか、どうすれば士業を履行できるのかを簡単に説明します。

士業が求人応募や転職の際に有利な理由は実にシンプルで、
資格のいらない求人と比較した場合、明らかに資格を持っている人の数が少ないため、
競争率が低いからです。
特に弁護士のような国家資格であればその難易度も相まって人口が少なく、
ニッチな士業資格であれば更にその傾向が強くなります。
もっとも、弁護士の場合は事務所が飽和しがちなどの問題もあるので
一概にそうとは断言できないのですが、通常の求人と比較すると
その点において強力なのは確かでしょう。
また、士業の履行は、「独占的に業務を行える」という点から、
事務所を構えて独立しているところに入ったり、
弁理士であれば企業の知的財産部門に務めるといったことが可能です。
しかし、士業を行うための資格が必須であり、その難易度は
平均して非常に高いと言われています。

先ほど転職の際に有利、と言いましたが、
現在どこかに努められている方は、仕事の合間に資格の勉強をし、
士業を行える状態にすることで、
現在のキャリアに加えて士業のお仕事ができるようになりますから、
「食いっぱぐれる」可能性は限りなくゼロになると考えて良いでしょう。
士業のメリットはやはりこの点に尽きるのではないでしょうか。

HOME